05 アナログシンセ! 30年かかった!

Synth_1200size_3

 
 1977年、雑誌にシンセサイザーの製作記事が掲載されました。
 執筆者は山下春生さん。
 本格的な製作記事でした。インターネットの無い時代になぜこのような記事が書けたの不思議です。

 当時高校生だった私は自分で作れるんだ!と作り始めました。
 大学に入ってもぼちぼちと製作を継続していましたが、電子楽器がデジタル化していく中で制作意欲が低下していった記憶があります。
 完成に至らないまま長期間放置される事になります。
 温度安定性とキーボードはネックだったと思います。

 そして2015年末、あの雑誌記事が復刻版として出版されました。
 そこにはキーボードを接続するためのMIDIインターフェースの作り方や、温度補償などシンセを蘇らせる事が出来そうな記事も追加されていました。
 自分のシンセも完成できるのか?

 で、三十数年ぶりに未完成のシンセを取り出し、通電したところまだ生きてる。
 そして3ヶ月間の格闘の末ついに完成までこぎつけました!

 作ったシンセで多重録音してみました。
 コンピューターに演奏させ、PC上で重ねました。
 今でこそ私でも出来ましたが、70年代に多重録音をされた方はさぞかし大変だった事でしょう。。。